離乳食の進め方

5〜6ヶ月頃になると、バランスのとれた栄養を摂るために母乳から食べ物へと変わっていきます。それは、食べ物からバランスのとれた栄養を摂ることで健康を維持できるからです。
離乳食は、食べる行為の練習期間にあたります。子どもの成長ペースに合わせて、ゆっくり1年かけて練習します。
赤ちゃんは、まだ消化機能や肝臓機能が発達中なため濃い味付けをするとカラダに負担がかかります。自然の持ち味を生かした味付けを心がけましょう。
赤ちゃんにも個人差があるので、体調や食べムラがあるかもしれませんが、焦らず『食べる事の楽しさ』をいっぱい経験させてあげ下さい。
離乳食の進め方
大丸2Step1   5〜6ヶ月頃   1日1〜2回食
食べ物をすりおろし、食べると言うより飲ませる。
主食(炭水化物)
10倍がゆ、そうめん、うどんなど
主菜(タンパク質)
​白身魚(たい、ヒラメ、カレイなど)、しらす、豆腐は茹でて。
副菜(ビタミン+ミネラル)
かぼちゃ、ニンジン、イモ類、白菜、大根、小松菜、トマト、ホウレン草、キャベツ、かぶなど癖のない野菜、バナナ、リンゴ、イチゴ
大丸2Step2   7〜8ヶ月頃   1日2回食
舌でつぶせる程度のものでモグモグトレーニング
主食(炭水化物)
​7倍がゆ、フャフャのマカロニ(よくゆでて、食べやすい大きに刻んで!)
主菜(タンパク質)
​赤身魚(マグロなど)、サケ、鳥ささみ、ひきわり納豆(ゆで)、高野豆腐、ツナ(水煮缶)、プレーンヨーグルト、卵黄、カッテージチーズ
副菜(ビタミン+ミネラル)
ちんげん菜、ナス、きゅうり、ワカメなどの海藻類
大丸2Step3   9〜11ヶ月頃   1日3回食
歯ぐきで潰せて食べられるようになり、自分の手を使って手づかみで食べます。
主食(炭水化物)
​5倍がゆ、柔らかいゴハン、パスタなど
主菜(タンパク質)
​青身魚(さわら、アジなど)、メカジキ、全卵、レバー、鶏肉、豚肉(ひき肉)、牛肉(赤身)、粉チーズ、プロセスチーズ
副菜(ビタミン+ミネラル)
ピーマン、もやし、ネギ、グリーンアスパラ、青のり、焼きのり、ひじき
大丸2Step4   1歳〜1歳6ヶ月頃   1日3回食
​歯ぐきでモグモグし、フォークやスプーンを使う。
主食(炭水化物)
柔らかいゴハン、中華めん(ただし、ノンフライめん)など
主菜(タンパク質)
​さんま、さば、はんぺん、ハム、ウィンナー、牛乳、カニ、エビ
副菜(ビタミン+ミネラル)
きのこ類、ごぼう、切干大根、れんこん、ごぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*