運動トレーニング その1

手で物をつかむトレーニング
生まれてすぐの赤ちゃんは、手の平に大人の指などを入れるとギュッと握る把握反射が見られます。

やり方

①手のひらにペンや指・棒などをギュッ〜と押しつける。握らない場合は、4本の指をパパ・ママが包み込む様に、握らせるよう刺激してあげて下さい。すると、赤ちゃんの手はグーを握ります。親指は外になるようにしてね。
②次は手の甲をなでると、手を開きます。
③グーもパーも出来るようになったら、3〜5秒程同じ形を取れるようにトレーニングしましょう。
④繰り返しトレーニングをし、段階を踏んで強く握ったり、早く動かせるようにトレーニングしましょう。

効果

    一般に、反射とは感覚的な刺激によって、生まれた時から備わっている特定の神経回路が働いて動く筋肉の事を言います。
手で物を握る反射を「把握反射」と言い、手の平に刺激を感じると、以下の様な反応で手を握る動作になります。
①反射経路が働く
②手の運動神経回路が働く
③手を握る筋肉を収縮させ手を握る

この一連の動作をトレーニングすることで、自分の意思でグーパーが出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*