聴力トレーニング

行動する前に声をかけ予測力を付ける


赤ちゃんに、何か行動を起こす時には声をかけをしましょう。

やり方

授乳する時:哺乳瓶を見せる
オムツ代えの時:オムツを見せる
出かける時:帽子を見せる
などなど
『**ちゃん、これから**するね』と声かけをしましょう。

効果

「見せたも」と「声かけ」により視覚や聴覚など、複数の回路が結びつき、これから何をするのか覚えます。
約1年ほどで予測力が身に付きます。赤ちゃんは、声かけすることで期待し、準備します。

★ポイント★

声かけの時には必ず名前を呼びましょう。
言葉の意味は理解出来ていませんが、言語を習得する脳は働いています。声を出す準備活動期で、これは生まれた日からはじまります。言葉が分かるようになると、働く神経細胞が増えます。
これらの事を理解し、頑張って赤ちゃんの脳を刺激しましょうネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*