目の疲労に注意

妊娠中・産後の目の疲れ
【妊娠中】
ホルモンバランスの影響で血圧が上昇し眼圧が変化したり、つわりなどにより視力が落ちたと感じたり、目がかすんだり、ボヤッとするなどの症状が出ます。
【産後】
ホルモンバランスの影響に、更に出産で体力が消耗し、育児疲れ、育児よる寝不足などで妊娠中よりも目が疲れやすくなります。
これらの眼精疲労は一時的なもので、産後自然と回復しますので心配無用。
しかしながら、眼精疲労は肩凝りや頭痛を引き起こすので、しっかりとケアしましょう。
目のケア方法
①小さな文字・画面を見るの控える
​お腹が大きくなるに従って、家に居る時間が長くなりますが、パソコン、テレビ、スマホなどはできる限り控えて、遠くの景色などを見て目を休めましょう。
②目に良い栄養を
ビタミン類:ニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜
アントシアニン:ブドウ、ブルーベリー、黒豆など紫色の食物
タウリン:タコ、イカ、サザエ、アサリなどの魚介類
③マッサージ
こめかみ、目頭のツボを指で押してほぐしましょう。加減は、3~5秒程度でいた気持ちいい程度。
④ホットタオル
適度に温めたタオルをで目の周辺を覆い、目を休ませましょう。マッサージとセットでやると更によいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*