生後8~9ヶ月の遊び

 

手を使った遊び

手でモノをつかんだり、叩いたり、転がしたり動きが多様化してきます。気に入ったオモチャや身の回りにあるモノに興味を持って遊ぶようになります。特に、自分の行動に伴い何かが変化することがとても面白い時期です。

空き箱太鼓遊び

家にあるダンボールや箱詰めお菓子の空き箱を手で太鼓の様に叩いて遊びましょう。慣れない頃はママ・パパが手を添えて一緒にリズミカルに叩いてみましょう。

会話するように

ママ・パパと赤ちゃんで、太鼓の音に合わせて会話をするように一つの箱を叩き会うのも楽しいやりとりになります。話が苦手なパパも頑張りましょう。

かくれんぼ

そろそろ人見知りの時期です。ママ・パパなど身近な人に愛情が強くなり、記憶力が発達してきます。記憶力が発達してきたら、「かくれんぼ」など記憶系の遊びをしましょう。

ソファの後ろにかくれて…

赤ちゃんの近くで物陰にかくれます。名前を呼んだり、「ママ(パパ)はどーこだ!」など声を掛けてみましょう。ポイントは、わざと少し見える様にします。

タオルを使って「どーこだ!」

オモチャや絵本をタオルやハンカチ・バスタオルなどで隠し、「どーこだ!」など声かけをしてみましょう。自分で探せる子もいます。

★ポイント
人見知りをするこの時期は、「ぎゅーっ」っと抱いて不安を和らげてあげましょう。この時期に限らず、常に「大好き!」メッセージと合わせてギュっと抱きしめて愛情をいっぱい注いであげて下さい。赤ちゃんの気持ちが安定します。

 

全身運動

少しずつですが「ずりばい」や「はいはい」ができる時期。ママ・パパが誘って追いかけっこをしてみましょう。この遊びは全身運動になるので積極的に遊びの中の一つに取り入れて行きましょう。

はいはいで誘って

「おいで!おいで!」とママ・パパが誘いながらはいはいをして移動します。パペットやオモチャなどを使って誘うのも良いでしょう。

逃げろ〜

赤ちゃんが近づいて来たら「こっち!こっち!」とわざと逃げたり、逆に近づいたりしてバリエーションを増やします。

まて、まて〜

この遊びに慣れてきたら、「まて、まて〜」と言いながら、ママ・パパが追いかけてみましょう。追いついたら「ぎゅー」っと抱きしめると、楽しさが倍増します。

ダンボールでトンネル

ダンボールの開口部を内側に折り、トンネルを作ってくぐるのも楽しい遊び。オムツの空箱などを繋げ長くするとより楽しいでしょう。

目と手を同時に刺激

ボールなど、はねたり、転がるものは、その動きを面白がります。目で見て、動きに合わせて手を動かすのは赤ちゃんにとっては、まだまだ難しいこと。いろんなバリエーションで刺激を与えてくださいね。

手遊び

「おつむてんてん」頭を突く動作など、ママ・パパのマネをして手足を動かせる様になってます。「上手、上手!」とほめて楽しみましょう。

一緒に拍手

ママ・パパが嬉しくて拍手をすると、それを見て、赤ちゃんがマネをして拍手します。とても愛らしい仕草が見られるので一緒に喜びましょう!

もっとマネマネ!

バイ!バイ!やバンザイ!など普段良くする動作を取り入れてマネマネのバリエーションを増やしましょう。楽しそうにアクションすると、赤ちゃんも楽しそうにマネをします。