生後7~8ヶ月の遊び

手先を刺激

お座りが出来るようになると、手の指も器用になり指を使った遊びをしたくなります。特に棚などからものを出すのが大好き!いたずらしている様にも見えますが、この遊びも繰り返すことで指先が器用になります。探索する芽を育てましょう。

ティッシュの空き箱遊び

ハンカチやバンダナなど布を5枚ぐらい結んで繋げティッシュの空き箱の中に入れ、赤ちゃんがつまんで引っ張り出す遊びをしましょう。
ミルクなどの空き缶を利用して、大きめのプラスチックのチェーンを空き缶に入れて引っ張り出す遊び。ジャラジャラ音がして何度も楽しみます。

繰り返しが遊び

引っ張り出したら、また元に戻し何度も繰り返し遊びをしましょう。繰り返し遊ぶことで、発見し、成長していきます。

空き缶でジャラジャラ

ミルクなどの空き缶を利用して、大きめのプラスチックのチェーンを引っ張り出す遊び。ジャラジャラ音がして楽しみます。

お座り期のオモチャ

ベビージムはお座りの頃から遊べます。また、太鼓など叩いて音の出るものや、ボタンを押したりダイヤルを回すと音の出るオモチャが好きです。指先を刺激するオモチャとしてとても有効です。

やりとり練習

赤ちゃんにものを渡す時に、「はい、どうぞ」と手渡し、赤ちゃんが差し出したら、「ありがとう」とする遊びも赤ちゃんは、とても興味を示します。まだ、よく分かっていない部分もありますが、これからの遊びの幅が広がります。

はい、どうぞ

ママ・パパから、赤ちゃんに「はい、どうぞ」とお気に入りグッズを手渡しするところから始めてみましょう。

メチャほめ

上手に受け取れたら「受け取れたね」、「上手、上手!」おおいに喜んであげましょう。嬉しくなり、繰り返し遊びに繋げましょう。

パペット遊び

パペットを使ってやりとりをするのも楽しい遊びです。パペットは遊びながら生活習慣を身につけるのにも使えます。お気に入りのパペットがあると演出効果も倍増します。

身体を使った遊び

この頃からダイナミックな遊びにもチャレンジしてみましょう。ワクワク、ドキドキに加え、全身の力の入れ方を覚えバランス感覚を養います。怖がる場合もあるので様子を見ながら遊びましょう。

立てひざすべり台遊び

遊び方
①体育座りをする。
②膝の上に赤ちゃんを乗せる。
③両脇を支えながらお腹の方へ滑らせる。
④「ウィー!」や「スルスルスル〜。」など声かけをしながら楽しみましょう。

飛行機遊び

①仰向けに寝る。
②足のスネの部分に赤ちゃんをうつ伏せにして乗せる。
③足を上下に軽く揺らす。
④「ブゥ〜ン」など効果音を加えながら遊びましょう。