生後5~6ヶ月の遊び

いろいろタッチ遊び

抱っこをすると、目の前にあるママ・パパの目、鼻、口やでなど体の部位に興味を示します。そんな時は、お互いの顔などを触りあったりすると喜びます。

アワワワワ〜

自分の口に手をやり「アワワワワ〜」と見せてあげましょう。赤ちゃんが声を出した時に、赤ちゃんの口に手をあて、「アワワワワ〜」としてあげると喜びます。

他の言葉でも…

赤ちゃんがママ・パパの口に手をあててきたら、「アワワワワ〜」以外の言葉でも喜びます。

顔のくっつけっこ

向かい合って、おでこや鼻をくっつけあうと、ケラケラ笑います。また、鼻の頭を「ツン、ツン、ツン!」や、あごを「トン、トン、トン!」と声をかけて刺激するのも楽しい遊びです。

外の世界を体験

ぷにぷにしていた赤ちゃんもしだいにしっかりとしてきます。前向き抱っこで外に出て、木や葉っぱなどに触れてみましょう。

木を触ってみよう!

これまでは赤ちゃんに優しいものに触れるのが多かったので、硬くザラザラした木の幹に触れてみましょう。赤ちゃんにとっては新鮮な感触なので、一緒に触って楽しみましょう。

花や葉っぱを触ってみよう!

外には、キレイな色や形の花がいっぱいあります。また、葉っぱもいろんな形があります。前向き抱っこで花や葉っぱに届くところまで近づけてあげ、触ったり引っ張ったりさせましょう。

すべり台体験

体のをしっかり支えすべり台の疑似体験。今後の公園遊びにつなげていきましょう。いつもと違った視界でワクワクします。

体を使った遊び

目の前に欲しいものがあれば、いろんなもを手にとって、なんでもなめて確かめたい時期。手を思いっきり伸ばした拍子に、ゴロンと寝返りすることもあります。寝返りの面白さと自分の力を感じる瞬間。

届くかな?

赤ちゃんが頑張って手を伸ばさないと届かないところにボールやお気に入りのオモチャなどを置きます。懸命に手を伸ばして取ろうとする姿をみて応援してあげましょう。

寝返り

手を伸ばした勢いでゴロンと寝返りが出来、更に取りたかったものが取れた時は、イッーパイ褒めてあげましょう。嬉しくて次への意欲に繋がります。

楽しくやりとり

赤ちゃんとやりとりをする時に、パペットを使うと楽しくやりとりが出来ます。益々好奇心が湧いて体を動かす遊びに誘い安くなります。