生後4~5ヶ月の遊び

手を伸ばす遊び

この頃になると、見たり、音が聞こえるものに興味を示します。一生懸命手を伸ばしてつかもうとるす仕草はとても可愛いものです。自分の手のでつかんで音を出す楽しさを体験させましょう。

好きな物を手の届きそうなところへ

好きな『ガラガラオモチャ』や『音の出るねいぐるみ』など声をかけたり音を鳴らして手の届きそうなところに置いてのびのび遊びをしましょう。

一人遊びは見守って!

ママやパパとの触れ合いも大切ですが、音を鳴らしたり、オモチャをなめたりする一人遊びも大切なです。一人あそびは自分のせかいを育んでいる最中なので、じっくり見守って下さい。

 

繰り返し遊び

カーテンやタオルなどで、『いないないばぁ!』をすると、目の前にいたママやパパが居なくなり、また見えることが楽しくて飽きません。好きな遊びは、何度も繰り返しましょう。繰り返し遊んでいると、近づこうとしてずり這いの練習にもなります。

『ばぁ!』のタイミングを変えてみて!

最初は慣れていないので、反応は薄いかもしれません。慣れてくると、『ばぁ!』の時にニコニコする様になります。声の高さや速さ、タイミングを変えて遊びましょう。

 

五感刺激遊び

この頃になると五感が発達し、見たり、聞いたり、触ったりする事にとても興味を示します。また、五感を刺激される事がとても心地よく感じます。身の回りにある物を使って色々な感覚遊びを楽しみましょう。

手作りガラガラ

明治の飲むヨーグルト『GL21』を飲み終えた後よく洗い、容器の中に小豆などを入れると、手作りガラガラが出来ます。赤ちゃんが握りやすく、振るのにちょうど良い大きさで、自分で振って遊びます。

シャカシャカ遊び

レジのビニールの袋がシャカシャカする音はどの赤ちゃんも大好き。袋を広げたり、丸めたりして、シャカシャカ音をいっぱい聞かせてあげましょう。

ビニールひもでサーラサラ!

梱包用のビニールひもを束ねて揺らすと、サラサラ音がします。赤ちゃんに見せてあげるとキャキャ!喜びます。

かたさを体感

積み木などのかたいものを触らせ、かたさの感触を経験させましょう。また、かたさだけでなく、色々な素材を頬などに付けて感触遊びを楽しみましょう。
注意:ビニールひもやレジ袋など遊んだあとは赤ちゃんの手の届かない所に片づけるようにしましょう。

 

体を使った遊び

首がすわり、足の筋肉も発達してくるので、ママ・パパの足の上などで体の使った遊びをしてみましょう。体を起こしてあげると、これまでの視界と違いとても喜びます。

ジャンプ!

梱包用のビニールひもを束ねて揺らすと、サラサラ音がします。赤ちゃんに見せてあげるとキャキャ!喜びます。

シーソー遊び

体育座りをして、太ももの部分で赤ちゃんを抱っこして、前後に揺らします。
『ぎったん、ばっこん。』と揺らしシーソーの様にして遊びます。

視界の変化

抱っこの状態から、片方の手で背中から頭を支え、もう片方の手で下半身を支えます。頭を少しずつ下げて視界の変化を楽しませましょう。

起き上がり

赤ちゃんを仰向けに寝かせ、腕を持ってゆっくり上体を引き上げ起こしたり、またゆっくり寝かせたりして遊びましょう。

注意:強く引いたりすると肩が外れたりする場合がありますので、優しくてゆっくり遊ぶのがコツ!