生後1~2ヶ月の遊び

48414928

楽しい刺激で脳トレ、心トレ

赤ちゃんの大好きな遊びの一つで、肌への刺激と身体に感じる響きと、なによりママ・パパが赤ちゃんと触れ合うことが出来ます。楽しい刺激は脳や心を豊かに発達させるので頑張りましょう。

お腹に口をあてブッ!ブッ!ブー!

赤ちゃんのお腹に口をあてて、息を強目に吐くと『ブッ!ブッ!ブー!』と音がなりすぐったさと振動で、赤ちゃんはケラケラ笑います。ママ・パパも一体となりおおいに笑って楽しみましょう。

一緒に楽しいもう!

赤ちゃんを楽しませるコツは、ママ・パパが楽しむことです。楽しさは赤ちゃんに伝わります。赤ちゃんがいる事を思う存分楽しみましょう。

こちょこちょ遊び

赤ちゃんの身体を指で散歩する様に、脇の下やお腹の、頭、クビ、足の裏をくすぐり刺激を与えます。笑顔で話しながら刺激を与えることで、脳も心も気持ち良くなり脳トレ、心トレになります。

オムツ替えをハッピータイムに!

足を軽く触ってノビノビー!オムツ替えを嫌がる赤ちゃんもご機嫌になる事も、個人差があるのでいろいろ試して下さいね。オムツ替えや着替えのときなど、楽しくスキンシップをしましょう。

見て!みて!

生まれた頃の視力はわずか30cm程度のところがぼんやりと見える程度でした。『見る』ことで視力は少しずつ発達して来ます。赤ちゃんは表情が分からなくても、ジーっと見るものが目の前あると刺激を受けています。

目立つ色を目の前にセット!

赤や黄色など明るい目立つ色のオモチャを目の前で見せると分かりやすく赤ちゃんは楽しめます。3〜4ヶ月頃になるとゆっくり左右に動かすと目で追う様になります。

欲張り厳禁!

見ることは視力の発達にいい刺激だからと言って、一度に幾つものオモチャを見せると赤ちゃんの脳は疲れてしまいます。一つのオモチャでゆっくりと遊びましょう。

赤ちゃんの楽しいことを!

赤ちゃんの発達は促して発達するものではないので、赤ちゃんのが楽しんでいる事を実践しましょう。この考え方はこの先も同じで、周囲の情報に流されないように、赤ちゃんと向き合って、赤ちゃんが良い表情をしているかを見極める能力を身に付けておきましょう。

五感に刺激を!

家の外には、五感を刺激するものがイッーパイあります。空気の入れ替えや外気浴の時に、抱っこして外の様子を一緒に見ましょう。特に木や草の色など自然のものは五感をよく刺激してくれます。

窓を開け外を見ながら話しかけ!

日の光、風の音、におい、鳥の鳴き声や葉っぱの揺れ動く状態など気付いたことをどんどん話しかけることで興味が湧いてきます。

太陽の光を浴びて生活リズムを!

この頃の赤ちゃんは、昼夜の区別がついていません。今後成長する上で、大きな影響を及ぼす生活リズムを太陽の光を浴びて作りましょ。カーテンを開け朝日を浴びることは、生活リズムを付ける一番いい方法てす。さらに、外を見ながら話しかけをすると良いでしょう。