水泳は頭にイイ!

スイミングに通う子どもたちは同年代の子どもに比べ、家庭の経済的な事情に関係なく成績が良いらしい。
3CDA2644-B2A3-413E-80E3-C5EAE750471F.jpg

スイミングの効果

頭がよ〜くなるよ!
学力と運動には密接な関係があり、この 神経回路は「運動」も「勉強」も同じなので「運動」によって神経回路を増やす事で「勉強」もよく出来る様になるそうです。
水なんか怖くない!
水を怖がる前に水に慣れていると、水を怖がる時期にが無いので、風呂の時とても楽です。
また、水の中では息が出来ない事や、目を開けなければ痛く無い事が自然と分かる様になります。
早い時期に始めよう!
幼児期に、培われた性格は生涯基本的には変わらないので、沢山の目標を達成する喜びと、遊びながら多くのことを体験していく事で、何事にも立ち向かう子供に育っていきます。
丈夫な身体
冷たい水に入り、皮膚を刺激することで免疫力を向上させることで、風邪のひきにくい強い体を作ります。 
心肺機能がUP!
水に入ると水圧で血を巡らすための負荷が増え、心臓にある程度の負担がかかります。普段は走るなどのある程度の運動をしないと、心肺への負荷はかけられませんが、水泳では水に入っただけですでに運動です。
心肺機能が強いという事は、効率よく酸素を体の隅々まで運び、筋力の向上とあわせて基礎代謝の
向上にもなります。
水泳は万能
水泳は体を柔らかくする柔軟運動でもあり、泳いでいるときは、自分で自分の体をマッサージしているのと同じような効果があるため、とても体が柔らかくなり血液の循環の活発になります。
また、普段と異なる水中は幼児期の子供にとっては、いろいろな刺激を受ける事で、自分で「感じ」「学び」成長をしていきます。
刺激が多い事は、人格を形成する幼少期にはとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*