妊娠期の風邪などの体調不良

我慢しないで!

風邪の時は、栄養と十分な水分補給と休息が大切ですが、状況により薬を飲んだり受診したほうが早く治り、赤ちゃんに負担をかけずに済む場合もありますので、いざというときの対応を知っておきましょう。

薬の事

【発熱】妊娠中に内服できる解熱剤がありますが、熱の原因を解消するものではないので、熱が出たら直ぐに飲まず医師や薬剤師に相談しましょう。

【腹痛】妊娠中に内服できる薬はありますが、お腹が張って切迫早産の可能性もあるので医師相談しましょう。

【頭痛】普段から偏頭痛持ちで薬を飲み慣れていても、妊娠中は使用できない頭痛薬ごあるので、医師や薬剤師に相談しましょう。

【下痢】妊娠中にあまり使用しない方が良い整腸剤や下痢止めがあり、市販の薬は使用上の注意をよく読んでから使用しましょう。また、下痢は腸の中に溜めたくない物質を排出するために起こるので、無理に止めない方が良い場合もあります。

【咳/鼻水】医師や薬剤師に相談してから服用する方が安心。普段から飲み慣れていても、医師や薬剤師に相談しましょう。

受診のタイミング

【発熱】風邪のひき始めは、栄養と休息をとって回復を待つ。高熱が出たり、微熱が長引くようであれば受診しましょう。

【腹痛】腹痛は切迫早産などの疑いもあるので、速やかに受診して下さい。

【頭痛】休んでも治らない。妊娠中に服用しても良い薬を飲んでも治らない。また、繰り返す様であれば速やかに受診して下さい。

【下痢】水の様な便が何度も出るときは、流行性の胃腸炎の疑いや、脱水症になる可能性もあるので受診しましょう。

【咳/鼻水】咳は、咳をするたびにお腹に力が入るので、ママと赤ちゃんに負担が掛かります。咳き込んで、なかなか治らない場合は受診しましょう。

鼻水は、鼻がつまって息苦しかったり、発熱や倦怠感などの症状がある場合は、ムリせずに受診しましょう。

診するときの注意事項

まずは妊婦健診を受けている産婦人科や助産院で受診しましょう。状況により他の医療機関を勧められることもあります。他の科を受診する際は、必ず医師に妊娠している事を伝えましょう。

★持っていくもの・伝えること★
・症状や経過を書いたメモ
・母子手帳
・これまでの妊娠経過
・服用した薬の名前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*