体を温め、体力温存!

『冷え』を放っておくと、以下の症状があらわれ時には難産につながることもあります。

・お腹の張り
・足のつり
・腰の痛み
・むくみ
・便秘
季節によって野菜の取り方に工夫を!
体温は37度程度なので、これより低い食べ物をとり過ぎると内臓を冷やします。
夏場:生野菜OK!とり過ぎ注意。
秋〜春:茹で野菜、煮野菜
水化物を抜くのはNG!
太りたくないからと言って炭水化物を抜いてはいけません。出産時にはとても体力が必要となるので、体力温存もしごとのうちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*