パパイヤ対策

ママの負担を減らそうとして、子供の面倒を見ようと思っても『パパイヤ!ままがあい。』と拒まれてしまう事もあります。これは、ママと同じ様に甘えていい存在と認識されていない場合が多いからです。

パパイヤ対策

スキンシップが多いのに越したことはありませんが、仕事で忙しくなかなか出来ない人も多いはず。次の様な事も有効です。
①仕事先から子供に電話する。
②ママの携帯にメールして、ママがパパの話しをする。
③携帯カメラで話しかける。
     ※LINEなら無料で出来ますよ!
④ママが洗濯物を干す時に、『パパの靴下だよ!』となら話しかける。


パパイヤになった場合のリカバリー

ママと違ったパパの存在価値が重要です。
以下の様なちょっと普段と違った遊びをしてみましょう。
①パパバージョンの『高い、高い!』
②上手くイラストを描く

自分の子供の喜びそうな特別の遊びを考えてみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*