わぁ〜んと泣いたら切り替え遊び 6〜7ヶ月

赤ちゃんが泣いて要求を伝えようとする場面も増えてきます。何を求めているのかわからない場合は、ただ声をかけるだけで親子の絆は深まっていくので、安心して下さい。

先づは話しかけ

どうしても赤ちゃんの泣いている理由が分からない時は先づはなんでもいいので話しかけましょう。
「暑いのかな?」、「お腹が空いたのかな?」、「オムツかな?」など、話しかけしながら様子を見ましょう。

気分転換

オムツ、ゴハンなど一通りをお世話をしても機嫌が良くならない場合は、気分転換をしてみましょう。外を見せたり、手を洗ったりして五感を刺激するのがポイント。

★ポイント★

赤ちゃんの、泣きやお話しに応える事で以下の様な効果があります。
①言葉の力が付いていく
②信頼関係を構築出来る
③親子関係をより良いものに!
④コミニュケーション意欲を育む
コツは、「あなたに話しかけているのよ」と言う気持ちで話しかけて下さいね。