よくある「イヤイヤ」パターン

子供にも「イヤイヤ」になる理由がいろいろあります。先ずは、パターンを理解しましょう。

【Pattern 1】言葉の理解
言葉を理解する能力ご未熟なため、自分の気持ちを言葉で相手に上手く伝えることが出来ないため「イヤイヤ」行動をとる。

【pattern 2】イメージと現実
自分のイメージと現実状態が合わないと、「イヤイヤ」を起こすこともあります。
例えばブロックを結合させようとした時に、思う様に結合出来ないと泣きわめいたり、手足をばたつかせるなどの行為。

【Pattern 3】親の反応
親が反応する事がが嬉しい場合と、わざと親が嫌がることをして反応を見る「イヤイヤ」があります。

【pattern 4】したくない!
この先、したくないことが待ってることが分かると「イヤイヤ」を始めることもあります。
例えば、まだ遊びたくて寝くないのに「寝る時間ですよ。寝ましょ。」と誘われると、この先自分のしたくないことが待っていると分かるとイヤイヤが始まります。

【pattern 5】注意を惹くために
親の注意を惹くためにわざとイヤイヤをすることもあります。

【pattern 6】体調不良
体調が悪い場合も、気持ちをコントロール出来ずに「イヤイヤ」する事もあります。
例えば、睡眠不足で眠かったり、疲れていている場合など。

他にもあるかもしれませんが、大抵はこの6 Patternが考えられます。イヤイヤの理由を知れば、少しは余裕を持って対処出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*