◇身近に起こる子供の事故 ~切り傷・打撲~

子供はすぐに傷を作ってきます。今日は「切り傷・打撲」について調べたので紹介します。

■ケース1  (7ヶ月女の子)

【事故内容】

サイドボードにハイハイで突進して、ひたいを切ってしまいました。病院で縫ってもらいました。

【アドバイス】

固いホースを縦に1本切るとお手製のコーナーガードになります。家具だけでなく、固い玩具も事故の可能性があるので注意しましょう。

■ケース2  (1歳2ヶ月男の子)

【事故内容】

台所のシンクの下の扉を開けて包丁を持ち出そうとしていました。扉は開かないようにロックしていましたが、外して開けていました…。

【アドバイス】

防止ロックのかけ忘れで、開けてしまう場合もあります。面倒でも、予防は大事です。包丁など危険なものは、子供の手の届かない、シンクの上等に置くようにしましょう。

■ケース3  (2歳月女の子)

【事故内容】

洗面台の上に置いてあったカミソリを子供用踏み台に上ってしまい、手を切ってしまいました。止血して大丈夫だったため、受診はしませんでした。

【アドバイス】

子供は大人の使うものにきょうみをもちます。刃物はその都度片づけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*